2005年07月02日

色の三属性

属性とは…その性質・特徴もこと。

色を表す性質・特徴には、
『色相』…色味(など)
『明度』…明るさ(たとえばから灰色から
『彩度』…鮮やかさ(

 の3つがある。

色相を似た色・近い色の順番に並べていくと繰り返しになります。

これを一巡だけ輪にしたのが『色相環』です。
   
   
  
(…ちょっといびつな輪ですみません…)
この『色相』が0(ゼロ)=無い色を『無彩色』といいます。(白⇒灰色⇒黒)

そして濁りの無い鮮やかな色、色みの最も強い色を『純色』といいます。
また、『無彩色』が含まれる量が増えると、色の彩度は低くなります。

この三つの要素で、任意の色を表します。
そのための物差しとなるのが『色立体』(color solid)です。

この『』の単語は、色彩について学ぶ上で基本となりますので覚えておく必要があります。
この記事へのコメント
デザイン学校行ってたんでこういう話懐かしいです
色彩検定は結局受けませんでした(汗
Posted by デス at 2005年08月02日 10:06
デスさん、デザイン学校行ってらしたんですか。
私も、一応デザイン?の学校でたんですけど…カラーコーディネーターだけ受けて、色彩検定は受けてません…(滝汗

受けたいとは思ってるんですけど。
いつになるやら;
Posted by remred at 2005年08月05日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。