2006年03月30日

和テイスト。

和テイストが好きです。
和菓子も、和服も(着れませんが)好きです。
そんなわけで、とてもかわいくて素敵な本を見つけたのでご紹介。


早坂 優子

配色バイブル和テイスト


和の色名や、色の組み合わせによる違いが視覚的に解る構成になっています。
とても実用性の高い一冊だと思います。
posted by remred at 22:26| Comment(29) | TrackBack(0) | 色彩ぷちメモ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

和の色彩。

ちょっと便利なページを見つけました。

福島中央テレビのHPのちょっと便利帖というコンテンツに彩りを知るという項目があり、色の和名と、そのwebカラーコードが一覧になっています。

色彩辞典・日本の色

サイトデザインを考えるときに、使えそう。
和ティスト、流行り中だし…って、流行ってる真っ最中に作ってちゃ遅いか…。
posted by remred at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩ぷちメモ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

ファーストフード・カラー

某バーガーショップ、某牛丼屋、某フライドチキン屋、など。
ファーストフード店の看板を思い浮かべてみてください。

共通点、ありますよね。

殆どのお店の色、黄色などの色彩、暖色系です。
これにはちゃんと理由があります。
暖色系は交感神経に働きかけて食欲を促進する色だからです。

覚えてる方、いらっしゃいますかね。
某ハンバーガーショップが、一時期、イメージカラーを青色に変えていたこと。
スタイリッシュさを意図したのでしょうか…。

すぐやめてしまったところをみると、失敗だったのだろうかと勘繰ってしまいます。
posted by remred at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩ぷちメモ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

非常口の表示が緑色なワケ。

急に暗ところに行くと、目が慣れるまで、ものが見えなかったりしますよね。

これは、明るいところで働く錐体(すいたい)という視細胞から
暗いところで主として働く桿体(かんたい)という視細胞が働き始める。
すると明るくなったわけではないのに「目が慣れ」て、ものが見えるようになるわけです。

で、この錐体桿体では、得意分野が違うんだとでも言うように、1番はっきり見える色がちょっと違っております。

そこで、間を摂って、錐体も桿体も、どっちもワリとよく見える色
つまり、明るくても暗くても、どっちでも認識しやすい緑色が、非常口の表示に使われているワケです。

非常口の場所は、いざ非常時!という、その瞬間、明るかろうが暗かろうが、よく見えなきゃ困るものですから。
posted by remred at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩ぷちメモ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

流行色について。

シーズンごとに流行る色、『流行色』を気にする方も多いと思います。
では、その『流行色』が、どのようにして決まっているかご存知でしょうか。

『流行色』といわれるものはインフルエンザの流行みたいに自然発生しているわけではありません。
毎回、インターカラーが、市場調査を含む様々な観点から今後求められるテイストのカラーを検討・提案しているのです。

インターカラー(国際流行色委員会)
とは、色彩に関する各国の研究団体の代表による、国際間で流行色を選定する世界で唯一の機関です。
加盟に際しては、国を代表する営利を目的としない、ファッションカラーを発信している団体、1団体に限るという規定があり、日本からは創立当初より日本流行色協会(ジャフカ・JAFCA)が代表としてインターカラーに登録されています。

▼『流行色』決定までの流れ▼

インターカラー(国際流行色委員会)による
流行色の提案・選定実シーズンの2年

インタカラー加盟団体、日本流行色協会(ジャフカ・JAFCA)による
色選定会議実シーズンの1年半

アパレルメーカー等の商品企画・製造
実シーズンの1年〜半年

消費者実シーズン


つまり、『流行色』は市場調査・動向に基づき決められた予想であり、販売者にとっては重要な情報であり、消費者にとっては、参考的な位置づけであると考えられるわけです。

▼流行色を知るには▼
日本流行色協会(ジャフカ・JAFCA)の会員になるといち早く流行色情報を入手できます。他にもオールカラーのカラートレンド情報を紹介する季刊誌『流行色』というのもあります。
また、日本色研事業株式会社(通称:日本色研)では、半年先から一年先のファッション・トレンドについての情報誌を発行しています。

▼参考サイト▼
日本流行色協会(ジャフカ・JAFCA)
日本色研事業株式会社(通称:日本色研)
posted by remred at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 色彩ぷちメモ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。